探偵の浮気調査の方法について

探偵の浮気調査方法

探偵の浮気調査の方法について簡単に紹介をしたいと思います。
調査の基本となるのは、尾行と張り込みです。
尾行と張り込みは、探偵の基礎技能と言っても過言ではなく、ほとんどの調査で利用される調査方法になります。
しかし、これだけの方法でより正確な調査、浮気の証拠を得るためには不十分といえます。

そこで、各探偵事務所では、調査で利用される機材について独自のこだわりを持って運用する事務所もあれば、証拠となる物品について、依頼人へアドバイスを行い、その上で浮気調査の成功確立を高めるなど、事前の準備を行い、浮気の調査をおこなっています。

なかには社外秘ともいえる独自の調査方法を持っている探偵事務所もありますが、今回はこの中で、探偵へ事前情報として伝えておけば調査の成功率を高めることが出来るかもしれない証拠について紹介します。

「浮気をしているかわからない」とパートナーが本当に浮気をしているかどうか判断できない依頼人の人は以下の証拠を見つけると、パートナーが浮気をしている可能性がグンと高くなります。

証拠を探すときに見る場所は、パートナーの服装や態度、そして車や部屋の中にある小物などです。
自分の知らない物や、パートナーと自分の趣味に合致しない物などが置かれていたり、身に着けていた場合には浮気をしている可能性が高くなります。

また、浮気をしている日時に関しては、飲み会や残業など家に帰ってくる時間が遅くなる日や、メールや電話をしてもすぐに返信がない日をメモしておけば確認することが出来るはずです。





(c) 浮気調査の料金解説WEB